ワイン辞典


音楽辞典SOUL






ライム

ライム
ミカン科 ミカン属
lime(英)、Citrus aurantifolia(仏)
旬 1月~12月

栄養価
ビタミンB1 B2 ナイアシン B6 葉酸 パントテン酸 ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン 鉄 カロテン


効能
細胞賦活作用・保湿効果・免疫向上 胃の調整 呼吸器改善


豆知識
ライム(Lime)とは、柑橘類の一種。樹木としては熱帯を原産とする低木。果実としてはライムの木の実である。(なお、英語では石灰を意味する単語も別語源ながら同一綴りの lime であり、注意を要する。ライムライトなどのライムは果実のライムではなく石灰を意味する)ライムはレモンに似ているが、レモンと比べると若干小振りである。直径は6~8cm。形はレモンよりも丸っぽい。皮の厚さは薄い。皮の色は、レモンの黄色と違って緑がかっている。果肉もいくらか緑色をしている。味は、レモンと同様に酸っぱいが、ライム独特の苦味に似た風味がある。レモンと同様に、輪切りにして料理の付け合わせにしたり、汁を搾って飲料に混ぜて使う。英語でLime greenとは、ライムの皮の色の黄緑色を意味する。カクテルの世界で「ライム」といえば、「ライム果実の汁」と「ライム風味のシロップ」の両方を意味する。以前は、日本では本物のライムは手に入りにくく、甘いライム液(コーディアルライムジュース)を使うのが一般的だったが、現在ではフレッシュライムを手に入れることは難しくない。一般のスーパーマーケットでも、ライムを売っていることがある。カクテルに使う場合、「ライム」と表記されていても、フレッシュライムの絞り汁が適切な場合と、コーディアルライムジュースの方が適切な場合があるので注意を要する。たとえばギムレットの場合は、当初はコーディアルライムジュースを使ったようであるが、現在の日本のバーではフレッシュライムの果汁に少し甘味を加えて使うことが多い。ライムを使ったカクテルは非常に多い。中でもジンとライムは相性がよい。ジンとライムの組み合わせでギムレット、ジンライム、ジンリッキーなどのカクテルができる。家庭でカクテルを作るとき、ライムが手に入らない場合はレモンを使ってもよい。風味が若干かわることあるが、味を壊すようなことはない。カクテルによっては、ライムとレモンのどっちでもいいというものがある。たとえばダイキリ。ライムを使ったカクテル(代表的なもの)ギムレット、ジンライム、ジンリッキー、ダイキリ、雪国 、モスコミュール etc...


見分け方
皮に張りがあるものがいい!保存は冷暗所がおすすめ。


ライム いろいろ
ライム




    このサイトは野菜果物辞典からコンテンツの提供を受けています