ワイン辞典


音楽辞典SOUL






グレープフルーツスタールビーブンタンスウィーティー

グレープフルーツ
ミカン科 カンキツ属
Grapefruit(英) Pamplemousse(仏)
旬 6月~9月

栄養価

ビタミンC、ビタミンB1、カリウム



効能

動脈硬化予防、抗癌の効果、かぜ、美肌、がん予防



豆知識

グレープフルーツ(学名:Citrus X paradisi)は亜熱帯を原産とする柑橘類である。

グレープフルーツは様々な種類があるが、その色で呼び分けるのが一般的である。

グレープフルーツの木は、常緑樹であり5-6mの丈のものが良く見られるが、成長を続ければ13-15mにもなる。

その葉は15cmほどの長さで細長く、花は5cmほどの大きさで白く4枚の花弁がある。

実は10-15cmほどの大きさで黄色く、球形だがでこぼこしている。中の身が白や赤のものも広く栽培されている。

pomelo、toronjaや、pamplemousseと呼ばれることもある。

19世紀の後半まで主に観賞用として栽培されていた。

1750年代にバルバドスで発見されたのが最初とされ、ブンタン(英名:pummelo、学名:Citrus randis)とオレンジ(学名:Citrus nensis)が自然に交配したもので前者の特徴を多く受け継いでいる。

タンジェリンオレンジやミネオラ(minneola)、それにスウィーティーもブンタンとオレンジに他の柑橘類を掛け合わせることで生まれた。

1800年代にshaddockからグレープフルーツと呼ばれるようになり、これはまるでブドウ(grape)のように木になることからつけられた。

1830年代にブンタンから別の種、学名をCitrus paradisiとされたが、1950年代になるまで自然交配の結果に生まれた種であるとは認識されていなかった。

その後、学名はCitrus X paradisiに変更された。

グレープフルーツは生で食されるほかにジュースや様々な加工食品に用いられる。

また、絞り汁はカクテルやサワーに用いられ、グレープフルーツ専用の搾り器がある。

皮もマーマレードやジャムに使われることもあるが、海外輸入の物には品質を維持するために農薬(殺菌剤)が使われていることが多く、この農薬をポストハーベストと呼ぶ(日本では食品添加物扱い)。

グレープフルーツ(特にジュース)は様々な薬と干渉し、意図しない効果を生み出すことがある。

これは解毒酵素のシトクロムP450を阻害する成分による。

グレープフルーツの種からは抗菌成分が抽出できる。


見分け方

皮に張りがあるものがいい!保存は冷暗所がおすすめ。



グレープフルーツ いろいろ
グレープフルーツスタールビーブンタンスウィーティー




    このサイトは野菜果物辞典からコンテンツの提供を受けています