ワイン辞典


音楽辞典SOUL






レタスサラダ菜サニーレタスプリーツレタスグリーンカールコスレタス

レタス・サラダ菜
キク科 アキノノゲシ属
head lettuce(英) laitue(仏) Kopfsalat(独) lattuga(伊)
旬 1月~4月

栄養価
カロチン、カルシウムやビタミンA、ビタミンCも含まれているが基本的には栄養価は低い。色が濃い外側の葉が栄養価が高い。

効能
緑色の濃いほど栄養化が高い。主にビタミンA、C効力がある。

豆知識
レタスは日本名を「ちしゃ」といい、10世紀にはすでに栽培されていたという記録がある。

現在のようなレタスは明治の初めに欧米から入ってきたもので1960年くらいからよく食べられるようになった。第二次世界大戦後に進駐軍が常食としたのがきっかけとも言う。

ちなみに韓国では「サンチュ」焼肉屋に行くとよくある。またレタスには鎮静、催眠効果があり、古代ギリシャでは哲学者のアリストテレスも食べていたとか。童話「ピーターラビット」でもプロプシーの子供達が畑のレタスを食べて眠ってしまうお話があります。

夏場は長野、岩手、秋は茨城、香川、冬場は静岡。

見分け方
切り口が小さめで白く、葉がみずみずしくて、つやと張りのあるものが新鮮
。緑色が濃いほどおいしく、栄養価も高い。

レタス・サラダ菜 いろいろ
レタスサラダ菜サニーレタスプリーツレタスグリーンカールコスレタス掻チシャ(かきちしゃ)シルクレタス茎ちしゃマロンレタス




    このサイトは野菜果物辞典からコンテンツの提供を受けています