ワイン辞典


音楽辞典SOUL






しいたけしめじひらたけぶなしめじまいたけなめこえのきたけ(とらまきたけ)マッシュルーム
ブラウンマッシュルームエリンギクロアワビタケタモギタケやなぎまつたけきくらげササクレヒトヨタケ

きのこ(栽培)
キシメジ科、ヒラタケ科、サルノコシカケ科、モエギタケ科、ハラタケ科、オキナタケ科、キクラゲ科、ヒトヨタケ科etc… 特定できません

旬 12月~12月

栄養価

キノコ類全般に難消化性の糖質が多く、グルタミン酸、グアニル酸等のアミノ酸が豊富。

特有のうまみがある。

「ノンカロリー」と一般的に言われているが全くないわけではない。





効能

種類が多いため特定できません。各キノコをご覧下さい。




豆知識

キノコ類は有機物を分解して栄養を摂取し、胞子を作り菌類で人類よりもあるか昔から存在する。

温暖湿潤気候の日本には実に2000種類ものキノコが自生しています。

食用にされている歴史も古く「万葉集」「今昔物語」などにも記述がある。

当時は野生のものをとっていたがその中でも味がよく、栽培が容易なものが量産されるようになりました。

その代表格が椎茸で栽培は江戸時代にはすでに始まっていました。

その後栽培キノコの技術も発達し、その種類も増やしています。

クヌギやコナラの原木によるものや、おがくずを集めた菌床によるもの、おがくずと米ぬか、栄養剤によるびん栽培などさまざまだ。

ビタミンDが豊富に含まれコレステロールの低下させる働きがある。



見分け方

それぞれの特徴により違う。



きのこ(栽培) いろいろ
しいたけしめじひらたけぶなしめじまいたけなめこえのきたけ(とらまきたけ)マッシュルームブラウンマッシュルームエリンギクロアワビタケタモギタケやなぎまつたけきくらげササクレヒトヨタケ




    このサイトは野菜果物辞典からコンテンツの提供を受けています