ワイン辞典


音楽辞典SOUL






ビーツ

ビーツ
アカザ科 トウヂシャ属
beet(英) betterave(仏) Bete(独) barbabietala(伊)
旬 6月~2月

栄養価
カロチン、ショ糖、ビタミン(少)


効能
免疫力高める・肝臓、腸、腎臓の機能を刺激し解毒作用・整腸作用、便秘解消・貧血予防・抗酸化作用


豆知識
原産地は諸説あり、ヨーロッパからアフリカ北部、地中海沿岸などといわれ、いずれにしても野菜として利用されるのは3世紀と古い。

古代人も食べていたと思われるが、現在のように根を食べるようになったのは16世紀以降それまでは、もっぱら葉を食べる野菜だった。
赤カブのように見えますが、カブやダイコンとは関係なく、ホウレン草と同じアカザ科で、サトウダイコン(テンサイ)の仲間です。
欧米には白や黄色の品種もありますが、日本では濃紅色種が主です。

一度衣服や手につけてしまうとなかなか落ちないほどで、天然着色料としても使われています。

ロシア料理のボルシチには欠かせません。サラダやマリネ、スープにも。サワークリーム、酢とよく合います。
そのほか、着色料のように使っても楽しめます。味はしつこくない甘みで、柔らかい食感です。


見分け方
形がよく茎が新鮮がいい!


ビーツ いろいろ
ビーツ




    このサイトは野菜果物辞典からコンテンツの提供を受けています