ワイン辞典


音楽辞典SOUL






土垂えびいも八つ頭京いもずいきセレベス石川早生

里芋
サトイモ科
taro(英) taro(仏) Taro(独) colocasia(伊)
旬 10月~12月

栄養価

ビタミンB1、C、食物繊維、カルシウム、鉄、カリウム

効能

肥満予防、便秘予防、高血圧予防、疲労回復、消化促進、潰瘍防止、活力強化。

豆知識

インドからインドシナを経て、古くは縄文時代にさかのぼり、日本にやってきました。
実は稲よりも早かったんです。
江戸時代まではいもといえばじゃが芋ではなく里芋だったのです。

里芋は茎の太ったもので株の中心に大きな親いもがあり、そこから子芋、孫芋といもづるしきに増えます。

里芋は、芋類の中では一番カロリーが低く、食物繊維も豊富なので、ダイエット食品としても食べられます。

ぬめり気は、ガラクタンという糖質とタンパク質が結合したもので、コレステロールを取り除く効果があります。


見分け方

皮が湿っていて割れていないものがいい。


里芋 いろいろ
土垂えびいも八つ頭京いもずいきセレベス石川早生田芋芽芋




    このサイトは野菜果物辞典からコンテンツの提供を受けています