ワイン辞典


音楽辞典SOUL






春玉寒玉丸玉紫キャベツ芽キャベツちりめんキャベツプチベール

キャベツ
アブラナ科 アブラナ属
cabbage(英) chou(仏) Kohl、Krat(独) cavolo(伊)
旬 3月~5月

栄養価

ビタミンC、U、K、食物繊維を含んでおり、大きめの葉1枚を食べれば1日に必要なビタミンCの約70%を摂取できる。


効能

風邪予防、便秘予防、胃潰瘍予防、十二指腸潰瘍予防、骨粗鬆症予防


豆知識

キャベツはヨーロッパ原産の野菜で紀元前7〜8世紀の古代ギリシャ、ローマ時代には既にすでに胃腸の調子を整える保健食として食べられていたそう。

現在で数多くの品種が生まれている。

日本には江戸時代にオランダから渡来し和名では甘藍(かんらん)と呼ばれもっぱら観賞用でした。

日本でも本格的に食用として栽培されるようになったのは欧米からの品種が入ってきた明治以降だそうです。

産地を替えて栽培することで一年中、露地ものが手に入ります。


見分け方

外部の葉が濃い緑色でつやがあって手にとってみて重いものがいい


キャベツ いろいろ
春玉寒玉丸玉紫キャベツ芽キャベツちりめんキャベツプチベールポインテッドタイプ(キャベツ)ケールサボイキャベツ




    このサイトは野菜果物辞典からコンテンツの提供を受けています