ワイン辞典


音楽辞典SOUL






たけのこ孟宗竹淡竹

たけのこ
イネ科 マダケ属
bamboo shoot(英) pousse de bamboo(仏) germoglio di bamboo(伊)
旬 3月~6月

栄養価

ビタミンE 亜鉛 銅 カリウム 食物繊維が豊富


効能

便秘解消、高血圧防止 ダイエット 疲労回復


豆知識

春の訪れと共に地表に先っぽだけが出たところを掘り出す。
たけのこの種類は普段私たちが口にしているものを孟宗竹というもので中国の江南地方のもので沖縄から鹿児島へ導入されたのが栽培の始まり。
6月頃には淡竹という品種も出回ります。

主な産地は九州、四国、京都、茨城で中国や台湾から輸入品の水煮や乾燥させたものも入る。

掘りたてのたけのこは生のまま食べることもできますがちょっと時間がたつとアクやえぐみがつよくなるのでゆでてあく抜きをする必要がある。
90%は水分でゆでたときに出る白い粉はデンプンとチロシンというもので害はない。

ちなみにメンマはたけのこで塩漬けして発酵させ天日干しにしたもの。


見分け方


たけのこ いろいろ
たけのこ孟宗竹根曲がり竹淡竹




    このサイトは野菜果物辞典からコンテンツの提供を受けています