ワイン辞典


音楽辞典SOUL






小松菜

小松菜
アブラナ科 アブラナ属
外国語名なし
旬 12月~2月

栄養価

カロチン、ビタミンC、E、鉄、ナイアシン、カリウム、ビタミンB2の量は野菜の中でもトップクラスで、カルシウムの量は、ほうれん草の5倍です。


効能

風邪予防、ガン予防、骨粗しょう症予防、動脈硬化予防、貧血予防、美肌保持、歯の健康


豆知識

関東を中心に広い地域で栽培されている。

東京、埼玉、群馬、新潟などが主な産地ですが以外にも生産量の一番多いのが東京。

福島の信夫菜、新潟の大崎菜、関西の若菜、黒菜は小松菜と同系の品種だそうです。

小松菜の由来は江戸時代に東京の小松川(現在の江戸川区)で作られていたことから小松菜と呼ばれるようになったという説がある。


見分け方

葉が肉厚でつやのあるものがいい!


小松菜 いろいろ
小松菜




    このサイトは野菜果物辞典からコンテンツの提供を受けています