ワイン辞典


音楽辞典SOUL






パイナップル

パイナップル
アナナス科 アナナス属
pineapple(英) ananas(仏) Ananas(独) ananas,ananasso(伊)
旬 1月~12月

栄養価
ビタミンB、B1,B2,C,ナイアシン,カルシウム,カリウム

効能
疲労回復や夏バテ、老化防止

豆知識
原産地はブラジル、パラナ川とパラグアイ川の流域地方であり、この地でトゥピ語族のグアラニー語を用いる先住民により、果物として栽培化されたものである。
15世紀末、ヨーロッパ人が新大陸へ到達した時は、既に新世界の各地に伝播、栽培されていた。クリストファー・コロンブスの第2次探検隊が1493年11月4日、西インド諸島のグアドループ島で発見してからは急速に他の大陸に伝わった。
1513年には早くもスペインにもたらされ、次いで当時発見されたインド航路に乗り、たちまちアフリカ、アジアの熱帯地方へ伝わった。当時海外の布教に力を注いでいたイエズス会の修道士たちは、この新しい果物を、時のインド皇帝アクバルへの貢物として贈ったと伝えられる。
次いでフィリピンへは1558年、ジャワでは1599年に伝わり広く普及して行った。そして1605年にはマカオに伝わり、福建を経て、1650年ごろ台湾に導入された。日本には1830年東京の小笠原諸島・父島に初めて植えられたが、1845年にオランダ船が長崎へもたらした記録もある。





見分け方
果実の下のほうが甘くやや下膨れのものを選ぶとよい。重力に従い下のほうに糖分が溜まるので横に倒したりしながら時々下になる所変えてやると満遍なく甘くなる。

パイナップル いろいろ
パイナップル




    このサイトは野菜果物辞典からコンテンツの提供を受けています