ワイン辞典


音楽辞典SOUL






ペリカンマンゴーアップルマンゴーアーウィン マンゴーキーツ マンゴーキンコウ マンゴー

マンゴー
ウルシ科 マンゴー属
mango(英) mangue(仏) Mango(独) mango(伊)
旬 4月~6月

栄養価
カルシウム カリウム ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC
カロチン

効能
ガン、老化防止、糖尿病予防、動脈硬化、冷え性、肩凝り、生理痛、更年期障害などの婦人病

豆知識
マンゴーは、紀元前200年前から栽培されてきたウルシ科の植物です。
マンゴーの原産地は北インド〜マレーシアの東南アジアです。
マンゴーは西遊記にも記述されている聖なる木です。
熱帯果実の女王と呼ばれるマンゴーの濃密な味と香り、枝の先に咲く数百から数千のマンゴーの花の絢爛さとは裏腹に、実のなることの少ないことから、宗教の悟りの困難さを示唆する木の意味を含んでいます。

6000年以上も栽培されていますが、アジア以外では長い間名前が知られていませんでした。
18世紀にポルトガル人の探検家によってブラジルに紹介され、世界中に知られるようになりました。
マンゴーはピスタチオやカシューと近い間柄のフルーツです。マンゴーの品種は栽培されている地域によって全て違うと言われるくらいたくさんあります。

マンゴーは甘みと酸味のある果物ですが、数ある果物のなかでも、マンゴーは目を酷使する方には特に有効なビタミンAを含んでいます。
また肌荒れを抑える上でも効果的であるビタミンAをマンゴーは最も多く含んでいます。




見分け方
マンゴーの食べ頃は、表皮の紅が濃くなり、艶が出てきます。
指先で軽く果肉を押すと柔らかく感じられます。甘い香りが強くなって来たら食べ頃です。


マンゴー いろいろ
ペリカンマンゴーアップルマンゴーアーウィン マンゴーキーツ マンゴーキンコウ マンゴー




    このサイトは野菜果物辞典からコンテンツの提供を受けています